女子高校生
エロチャット高校生と出会える   >   天才女子高校生

天才女子高校生

賢い女

いまから数か月前、イケメンやらラーメンやらを言っているあるお笑い芸人が17歳の女性を交際をしていたことが問題になったことを皆さんは覚えていますでしょうか。その芸人のウィキペディアの名前も狩野援交になっていたと言う事も有名な話ですが、軽く日本をざわつかせました。

今も都会では男性が女子高生に援助交際の声をかけると言ったことはよくあるようで、Twitterなんかも援助交際をするためのツールとして使われていたりしていますし、私が高校生だった時の同級生にも有名なSNSを使って援助交際をしていた人はいました。女性側は基本的にお金を目的に行っているようですが、私の友達は稼いだお金で高級な財布やバック、服などを購入しSNSに堂々とアップしていました。そうです今流行りのインスタ映えってやつです。また、男性に高級なレストランに連れて行ってもらい、オシャレな料理をアップしたりなんかもしてました。私にもお金を分けてほしいです。

ちょっと考えられない事してるなーと思ったんですけど、いままでの援助交際と今の援助交際では少し違いがあるようです。それが値段です。昔は女子高校生でいえば3万円ほど貰える女性も良くいましたが、最近は1万円ほどで女子高校生とできるみたいです。その分リピートも多いらしく結果的には多く稼ぐことができているようです。

話は少し変わって、マーケティングの考えに顧客生涯価値と言うものがあるのですが、Aさんが生涯にわたってZ社にもたらす価値のことを意味しています。

例えば、BさんがH社の経営するある高級ホテルを使ったとします。一泊30万円します。Bさんは普段から高級ホテルを使うわけではないので、人生で最初で最後の高級ホテルでの宿泊を体験しました。この時のBさんのH社に対する顧客生涯価値は30万円です。

Bさんが普段ひいきにしているホテルはP社のビジネスホテルです。一泊1万円なのですが、会社の出張で年に3回は利用します。40年間仕事しますから、一生の間に120万円分P社のホテルを利用することになります。この時のP社に対する顧客生涯価値は120万円です。つまり、Bさんに対して1度の購入だけで利益を得るH社よりも、ロングスパンでBさんを満足させリピーターになってもらったP社の方が稼げるのです。コストと利益の割合にもよりますが。

実は、この考えを先ほど紹介した女子高校生は利用していることになります。一回当たりの援助交際の金額は低いけれども、リピーターで何度も接することで顧客生涯価値を増やすことができるのです。無意識でしょうが、立派なマーケティングの手法を利用している女子高校生は天才ですね。